クリスマスの耽溺の後、私たちの多くは、新年に私たちの健康とフィットネスを向上させることを決意します。 私たちが健康を賢明に変えることができる方法の1つは、アルコール消費量を減らすことです。 あなたはアルコールがあなたの膀胱と腸に影響を与えることができることを知っていましたか? したがって、アルコール摂取量を減らすことは、特定の膀胱および腸の症状を改善するのに役立ちます。

だからここにロウダウンがあります。 まず、アルコールは膀胱と腸にどのように影響しますか?

アルコールと膀胱

  • アルコールは、それがあなたの尿の生産とあなたが尿を渡す必要がある頻度を増加させることを意味する利尿剤として機能します
  • この過剰な尿

アルコールと腸

  • アルコールは便秘と下痢の両方を引き起こす可能性があります
  • アルコールは脱水を引き起こし、蠕動(腸の収縮)に影響を与え、腸の運動を遅くする可能性があります
  • アルコールは腸内に刺激や炎症を引き起こし、下痢を引き起こす可能性があります
  • すでに過敏性腸症候群などの状態に苦しんでいる場合、アルコー 緊急性と頻度の症状を高める

膀胱や腸の障害に苦しんでいる場合、アルコールを減らすか切り取ることで、膀胱や腸の刺激や炎症を軽減し、緊急性や頻度の症状を悪化させる可能性があります。 アルコールを削減することによって、あなたはおそらく膀胱と腸の別の主要な炎症因子であるあなたの砂糖の摂取量を減らすことになります。

食事の変更と同様に、それは選択にダウンしており、キーは節度です。 あなたは、任意の頻度や緊急性の症状が発生している場合は、これはどのような方法であなたの症状を助けるかどうかを確認するためにあなたのア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。