創造性とイノベーションは、個人、チーム、組織レベルのすべてのビジネス分野と技術活動にとって基本的かつ不可欠なエンジンです。 あらゆる組織における創造性と革新は、組織のパフォーマンス、成功、および長期的な生存の決定要因の一つとなっています。 創造的なプロセスは、学習経験と実践の重要な要素であり、それらの両方が開発し、物事を行うと、より良い手順、パフォーマンス、慣行、または製品に向けて

イノベーションとは何か

イノベーションとは、創造性を利用してビジネス、政府、社会に価値を追加する新しいアイデア、製品、サービス、またはプロセ 価値は、経済的、社会的、心理的、または審美的であり得る。 それは会社の位置を改善し、それを市場で最も大きく、最もよく置かれるようにする火花である。 それはまた、突然の成長や失敗からの新しいアイデア、リスク、および不測の事態に快適な企業行動と政策のスタイルです。

イノベーションの方法を知っている企業は、必ずしも研究開発を目指しているわけではありません。 代わりに、彼らはより良い、より快適な方法で継続的な発展と大きな利益につながる企業行動の新しいパターンを育成します。

創造性とは何か

創造性とは、新しい、想像上の、そして未知のアイデアや設定を現実に変える可能性を生み出すための創造力と創造的であることの質 創造性は、新しい方法で世界を知覚し、隠されたパターンを創造し、一見無関係な現象を結びつけ、予期せぬ革新的な問題や危機解決策を生み出す能力に 創造性には、思考、そして生産という2つのプロセスが含まれます。 創造性は存在に新しい何かを持って来るプロセスである。

それらの違いは何ですか?

創造性とイノベーションの主な違いは、第一は新鮮で新しいアイデアや計画を生み出すことを指し、第二は以前に導入されていない新しいサービス、製 ここでは、ポイントの他の違いがあります:

  1. 創造性は”想像力”に関連していますが、革新性は”生産性と実装”に関連しています。
  2. 創造性の財政的消費はないが、実装と革新の段階でそれを暴露する可能性がある。
  3. 創造性は決して測定可能ではありませんが、革新は測定可能です。
  4. 無から新しくユニークなものを創造するならば、それを創造したと言うことができ、すでに存在するものを改善したならば、それは革新されたと言うことができる。
  5. 創造性と呼ばれる新しく珍しいものや概念の思考段階であり、イノベーションはこれらの思考を実用的な使用法に変換するプロセスです。
  6. 創造性に関わるリスクはありませんが、リスクは常に革新に付随しています。
  7. イノベーションにはいくつかの異なるソースがありますが、創造性は誰にも利用できない能力と個人的な資質に限られています。
  8. イノベーションには創造性が必要であり、その逆は必要ではありません。 創造性はそれ自身で生まれ、創造者の考え方は、人生と蓄積された経験と科学と知識の増加によって生まれ、開発される可能性のあるインスピレーションの良い贈り物です。 あなたが誰かの頭から抜け出す創造的なアイデア–それは技術革新です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。