アーサー-ミラーの1950年代の労働者階級のイタリア系アメリカ人家族を描いたドラマ”A View of The Bridge”の復活について劇場の観客が最初に気づくのは、キャラクターが別の言語を話しているということです:Brooklynese。 あなたはそれで問題を抱えています!?

スカーレット—ヨハンソンとリーヴ—シュライバーによってブロードウェイで祝われていると言う人もいるかもしれません。 しかし、それが唯一の場所かもしれません。 言語学者は、古典的なアクセントの特徴は、特に若い世代の間で、都市自体ではますます少なくなっていると言います。 あなたが暴徒の映画のオーディションをしていない限り、嘲笑され、ステレオタイプされた、長いoとwのは、好意から落ちています。

古いヌー-ヤークは博物館の作品、言語の地下鉄のトークンになるのだろうか?

*

最初に、rhoticityのレッスン。 正確には、ニューヨークのアクセントは何ですか? 一つの重要なコンポーネントは、言語学者は言う、”R”ですニューヨーカーはRsをドロップしないだけでなく(doctahを呼び出します!)、彼らは彼らが必要とされていない場所にそれらを追加し、通常、次の単語が母音で始まるとき、”私は私の非常に自身の目でそれを見た!”そして”居間のsoferは緑である。”それはすべて池の向こう側から始まりました。 ニューヨークのアクセントは、Rsが低下しており、”絶対に英国英語からのものです”と、ニューヨーク市の英語に関する論文を書いているNyuの博士課程の学生であるKara Becker氏は述べています。 クイーンズ大学の言語学の准教授であるマイケル-ニューマンによると、ロンドン人は1600年代の終わり頃にRsを落とし始めた。

東海岸は言語学者によって”R-less corridor”と呼ばれ、他の沿岸都市はボストンやチャールストン、S.C.のようにニューヨークと共通の特徴を持つアクセントを持っている。

“A View From The Bridge”の方言コーチであるStephen Gabis氏は、ニューヨークのスピーチは徐々に”少し遅くなり、少し怠惰になり、筋肉がリラックスして”硬くなり、重い”ga’head”(翻訳:”go ahead”)に傾くようになったと述べている。

1945年までは、あなたのRsを落とすことは区別されていました。 彼のラジオのアドレスで、FDRを考える:”私たちはfeee-ahには何もありませんが、fe-ahは自分自身です。”第二次世界大戦後、”アメリカ人はイギリス英語が非常に権威あるものであると考えるのをやめました”とベッカーは言います。 “放送局英語”は、新しい希望の規範となりました。

その後、トム-ウルフが1976年に書いたニューヨーク-ホンクの奇妙なケースがあります。 ホンクは、ボビー-ケネディやネルソン-ロックフェラーのような裕福な予備校のタイプによって話され、第二次世界大戦後に持続した特定の上流階級の東海岸のアクセントであった。 ウルフはこれを”東洋の社会生活の自然な英知の偏りに由来する”と呼んだ。”ニューヨーカーが母音を引き出すユニークな方法は、方言のもう一つの重要な特徴です。 母音を上げることは、アクセントを学ぶ俳優とGabisが行う最初の練習の一つです。

ニューヨークスタイルの母音は二重母音であり、発音中に別の音に変化することを意味します。 それはニューヨーカーが彼らの母音に持って来るミュージカル”aww-uhh”を記述するためのちょうど退屈な方法です,タフィーのようにそれらを引き離します,”ソーセージ”を”sawww-sage”に変えます.”Talk”や”walk”のような言葉は、”Taww-uhk”と”waww-uuhk”の二音節の言葉に変わります。”タクシー運転手”からのトラヴィス-ビックルの有名なラインは、実際にはより多くのように聞こえる、”Yoo tawwhkin’ta may?”

これらの二重母音はどこから来たのですか? 明白な答えはありません。 彼らはイギリスとアメリカの両方で1600年代以来、おそらく独立して開発された地元の方言だけでポップアップしました。

より明らかなのは、”dese”と”dose”の系統です。”それに”th”の音を持っていた唯一の移民の言語は、新世界への他のすべての旅行者が音を発音するのに苦労していたことを意味し、ギリシャ語でした。

そして、他の国では”singer”のような単語を”seeeng-er”と柔らかい”g”で発音していますが、ニューヨークの方言では”SING-er”です。”それは発音された’g’はイディッシュ語とイタリア語の痕跡です。

これらの特徴が今日私たちが知っているアクセントに融合したとき、誰も確信していませんが、それは最も初期の録音のいくつかに現れます。 イギリス人の後、1800年代半ばのアイルランド人とドイツ人、1880年代からのユダヤ人、東ヨーロッパ人、ロシア人、イタリア人など、ニューヨーク市への次の世代のヨーロッパ人移民が独自の特徴を貢献した。 世紀の変わり目までに”Bowery accent”への言及がありました。

方言がどのように変化するのか、なぜ変化するのかは神秘的で、要因の星座の影響を受けており、言語学者でさえそれがどのように機能するかを確 “一人で放置すると、ラテン語がイタリア語、フランス語、ポルトガル語になったように、彼らはただ発展し、変化します。 独自の特殊性を開発し、”ジョージJochnowitz、スタテンアイランド大学の言語学の名誉教授を引退したと述べています。

しかし、誰かのアクセントで伝えることができる古い話は、彼らが育った通りです都市神話です。 ブルックリンやブロンクスかどうか、ニューヨークはすべて同じアクセントです。

「人々が自治区の違いと考えるのは、教育、所得水準、職業など、実際には社会経済的な違いです」とNewman氏は言います。 “誰も今まで都市の地域のいずれかの間に任意の地理的な違いを示していません。”

“それは彼らが他のものとは異なる話をする自治区の誇りです”とGabisは付け加えます。 アイルランド系とリトアニア系のブルックリンで生まれ、劇中のアクセントは、彼が育った声に触発されました:”それはスコセッシ映画のように聞こえ”

しかし、アクセントの間には若干の民族的な違いがあります。 ミラーの劇中のカーボーネファミリーはイタリア系アメリカ人であり、”イタリア語版はとても音楽的です”とGabisは言い、彼らのユニークなケイデンスはイタリア語と一致していると指摘している。 “アクセントが移行し、数世代後、音楽はまだそこにあります。”レイジング-ブル”のジョー-ペシの上下の変曲を考える:”Fuggedaboutit、私はそれをやっていない、私はhittin’yaではありません!”

それからアイルランド版があります、”ジミー—キャグニーの話し方-あなたの口のような本物の機関銃は武器です”とGabis氏は言います。 “あなたはネズミをしないでください!”

近所の均質性は、8歳から14歳の間に起こるアクセントを開発する役割を果たしています。 “当時、それはその近所の純度だったので、あなたはあなたの小さな世界の人々のように話しました”と、”橋”でベアトリスを演じるコネチカット生まれの女優、ジェシカ-ヘクトは言いました。「他に影響はなかったな。”

*

人口の変化は、異なる人々の混合がアクセントを中和する傾向があるため、ニューヨークアクセントの減少の主要な要因の一つです。 「他の人との接触によって変化するのか、自己同一性によって変化するのかについて、この分野には大きな議論があります」とNewman氏は言います。

つまり、子供たちは周りの人があまり持っていないので、両親が持っているアクセントを拾うことを怠っているのですか—または自己同一性の議論では、

多くのことは、ローワー・イースト・サイドのKara Beckerのフィールド・サイト―彼女が住人の演説を研究し記録するブロック―から学ぶことになるでしょう。 それは、1966年に”アメリカ英語のアトラス”を作成したときに”社会言語学のゴッドファーザー”William Labovが学んだのと同じ領域です。

この地域はそれ以来言語学者によって調査されておらず、ベッカーは過去2年間、64人の音声パターンの記録と分析に費やしてきた。 彼女が見つけたもの:近所に住む若者たちは、Labovが聞いたアクセントを開発していません。

「特にローワー・イースト・サイドでは、ニューヨークのアクセントを維持することが期待される人々、すなわちヨーロッパ系、イタリア系、アイルランド系の人々が、それらの熱狂的な若者たちはニューヨークの特徴を使用していない」とBecker氏は言う。 “古いスピーカーは、白人の間で、古典的なアクセントを持っています。”

ベッカーのグループはロウアー-イースト-サイドに含まれており、過去20年間の高級化の間に巨大な人口シフトを見てきました。 しかし、一般的には、”ニューヨーカーはますます多くの”R”-fulであり、R-ドロップの量は減少している”とNewman氏は述べています。 “私たちは本当に理由がわかりません。”

“マンハッタンでは間違いなく死にかけている”とJochnowitz氏は言う。 マンハッタンはまた、通常、アクセントを拾うことはありません州外からの新しい人々の最も流入を見てきました。 “方言”は主にアウターボロウズに残っており、スタテン島で最も生きている。”

スタテンアイランドは、ニューヨークの人口が最も安定しているだけでなく、”ユダヤ人やイタリア人、アイルランド人やドイツ人など、白人が多い場所では、そのアクセントがかなり体系的に見つかるでしょう”とニューマンは言います。 その相対的な孤立も助けたかもしれません。

アクセントはいくつかの場所で死んでいるように、それは他の人に移行しています。 ニューヨーカーたちがアクセントとして長島としても知られる芝生Guyland—新Joisey(こんにちは、キャスト”のジャージーショア”!)

ジョージ—バーナード—ショーは、ニューヨークの方言が世界で最も美しい音であると考えていましたが、”人間のスピーチの洗練さの究極”-誰もがアクセントに恋をしているわけではありません。 1960年代にクイーンズ大学を卒業するには、学生はスピーチテストに合格しなければならなかった—とあなたはあなたのRsを発音するためにうまくいく

アクセントの謙虚な起源のために、子供たちが医者や弁護士に成長し、”近所”から出ることを望んでいる世代の両親は、子供たちにそれを残すよう奨励し、下層階級、民族または粗野であると考えている。

アクセントのいくつかの部分は、単にその理由のためにすでに絶滅しています。 誰も”Thoity Thoid and Thoid Street”の角であなたに会うように頼んだり、”油性boidがwoimを手に入れる”と宣言したりすることはありません—その特定の機能は”50、60、70年”のために消 それは”方言から笑った”—人々がそれを切り取ることを恥じていたほど汚名を着せられました。

同じことが今、”yuhs guys”と”sawr it”に起こっています。”

“人々が失おうとすると、彼らはそれで人生を進めるつもりはないと感じれば、それを失う可能性が高くなります”とJochnowitzは付け加えます。 エド-コッホ自身もr-ドロッパーであったが、かつてはそれが消えてもブルックリンネを悼んでいないと言っていた。

不公平な階級バイアスにもかかわらず、この話を街のアイデンティティの不可欠な部分と見なす人も同じくらい多くいます。 “私は永久に失うという考えに非常に悲しんでいます”とGabis氏は言います。 “私は好きではなかったアクセントに会ったことはありません。”

若い世代がニューヨークの方言から離れたのは事実だが、”彼らはニューヨーカーであることについての強い団体と誇りを持っているので、アクセントを受け入れて使用する人々がたくさんいないことを意味するものではない”とBeckerは言う。 “短い答えはいいえです、それは死んでいない、それは変化しています。”

ブルックリンやクイーンズが態度であり、場所ではない、染められたウールのニューヨーカーのために言われることがあります。

「言語はシフトすることを意図している」とGabis氏は言う。 “私はそれがあなたが行く地域に応じて、生きていると思います。”しかし、あなたはそれのために少し難しく見て聞く必要があるかもしれません。

フリーランスライターのシーラ-マクリアの著書”The Last of The Live Nude Girls”(Soft Skull)が来年出版される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。