以下に挙げた参照楕円体モデルは測地作業に有用であり、多くはまだ使用されています。 古い楕円体は、それらを派生させた個人にちなんで命名され、開発年が与えられます。 1887年、イギリスの測量士アレクサンダー-ロス-クラーク大佐は、地球の姿を決定するための彼の仕事のために王立協会のゴールドメダルを授与された。 国際楕円体は1910年にJohn Fillmore Hayfordによって開発され、1924年に国際測地学地球物理学連合(IUGG)によって採用され、国際的な使用のために推奨されました。

スイスのルツェルンで開催された1967年のIUGGの会合で、リストに記載されているGRS-67(Geodetic Reference System1967)と呼ばれる楕円体が採用のために推奨された。 新しい楕円体は、国際楕円体(1924年)を置き換えることは推奨されていませんでしたが、より高い精度が必要な使用のために提唱されました。 これは、モスクワで開催されたIUGGの1971年の会議で承認され、採択されたGRS-67の一部となった。 オーストラリアではオーストラリア測地基準系、南アメリカでは南アメリカ測地系に使用されている。

GRS-80(Geodetic Reference System1980)は、1979年のオーストラリアのキャンベラ会議でIUGGによって承認され、採択されたもので、赤道半径(地球楕円体の半長軸)a{\displaystyle a}

a

, 総質量G M{\displaystyle GM}

GM

、ダイナミックフォームファクタJ2{\displaystyle J_{2}}

J_{2}

と回転角速度ω{\displaystyle\omega}

\omega

であり、逆平坦化1/f{\displaystyle1/f}

1/f

を導出量とする。 1/f{\displaystyle1/f}

1/f

GRS-80とWGS-84の間に見られる微小差は、後者の定義定数の意図しない切り捨てによるものである。: WGS-84はGRS-80に密着するように設計されていたが、偶然にもwgs-84から派生した平坦化はgrs-80の平坦化とはわずかに異なることが判明したのは、正規化された2次の帯状調和重力係数であり、J2{\displaystyle J_{\displaystyle J_}}のGRS-80の値から導出されたものであったからである。{2}}

J_{2}

, 正規化プロセスで有効桁数が8桁に切り捨てられました。

楕円体モデルは、楕円体の幾何学とそれに付随する通常の重力場の公式のみを記述する。 一般的に、楕円体モデルは、より包括的な測地基準系の一部です。 たとえば、古いED-50(European Datum1950)はHayfordまたはInternational Ellipsoidに基づいています。 WGS-84は、完全測地基準系とその構成要素の楕円体モデルの両方に同じ名前が使用されているという点で独特です。 それにもかかわらず、2つの概念—楕円体モデルと測地参照系—は依然として明確である。

同じ楕円体は異なる名前で知られている可能性があることに注意してください。 明確な識別のために定義定数に言及するのが最善です。

参照楕円体名 赤道半径(m) 極半径(m) 逆平坦化 使用される場所
マウペルチュワ(1738) 6,397,300 6,363,806.283 191 フランス
プレシス(1817) 6,376,523.0 6,355,862.9333 308.64 フランス
エベレスト(1830) 6,377,299.365 6,356,098.359 300.80172554 インド
エベレスト1830改造(1967) 6,377,304.063 6,356,103.0390 300.8017 西マレーシア&シンガポール
エベレスト1830(1967年の定義) 6,377,298.556 6,356,097.550 300.8017 ブルネイ&東マレーシア
エアリー(1830) 6,377,563.396 6,356,256.909 299.3249646 イギリス
ベッセル(1841) 6,377,397.155 6,356,078.963 299.1528128 ヨーロッパ、日本
クラーク(1866) 6,378,206.4 6,356,583.8 294.9786982 北アメリカ
クラーク(1878) 6,378,190 6,356,456 293.4659980 北アメリカ
クラーク(1880) 6,378,249.145 6,356,514.870 293.465 フランス、アフリカ
ヘルメルト(1906) 6,378,200 6,356,818.17 298.3 エジプト
ヘイフォード(1910) 6,378,388 6,356,911.946 297 アメリカ
国際(1924) 6,378,388 6,356,911.946 297 ヨーロッパ
クラソフスキー(1940) 6,378,245 6,356,863.019 298.3 ソ連邦、ロシア、ルーマニア
WGS66(1966) 6,378,145 6,356,759.769 298.25 米国/国防総省
オーストラリア代表(1966) 6,378,160 6,356,774.719 298.25 オーストラリア
ニューインターナショナル(1967) 6,378,157.5 6,356,772.2 298.24961539
GRS-67 (1967) 6,378,160 6,356,774.516 298.247167427
南アメリカ(1969) 6,378,160 6,356,774.719 298.25 南アメリカ
WGS-72 (1972) 6,378,135 6,356,750.52 298.26 米国/国防総省
GRS-80 (1979) 6,378,137 6,356,752.3141 298.257222101 グローバルITRS
WGS-84 (1984) 6,378,137 6,356,752.3142 298.257223563 グローバルGPS
IERS(1989) 6,378,136 6,356,751.302 298.257
アイリッシュ(2003) 6,378,136.6 6,356,751.9 298.25642

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。