目的:ヨウ素含有消毒剤を用いたスキンケアの実践が、新生児集中治療室の患者を原発性甲状腺機能低下症のリスクにさらしているかどうかを判断する。 ポビドンヨード消毒液への皮膚曝露は、新生児の原発性甲状腺機能低下症の原因である可能性がある。

デザイン:将来のパイロット研究。

設定:大学附属病院のレベルIII新生児集中治療室。

: 侵襲的または外科的処置の準備のために皮膚ポビドンヨードの適用を受けた新生児集中治療室に入院した47人の内側および外科患者の順次サンプル。

方法:ヨウ素曝露から10日後、甲状腺機能検査のために濾紙ブロット上で毛細血管血液サンプルを得、尿サンプルを収集して定量的なヨウ素濃度を 血しょうクレアチニンレベルを各被験者について決定した。

結果:合計47人の患者が登録された。 被験者の妊娠期間は26-41週(平均、33.6週)であり、男性と女性の比率は28:19であり、出生体重は0.7-5.1kg(平均、2.42kg)であった。 チロキシンレベルは20〜187nmol/l(1.6〜14.6マイクログラム/dL)の範囲であった(平均、102nmol/L;参照、>または=90nmol/L;チロトロピンレベルは0.1〜16.5μ/L(平均、6.4μ/L;参照、<20μ/L)。 平均ウリジンヨウ素濃度は2798.0マイクログラム/dL(参照、<40マイクログラム/dL)であり、平均血漿クレアチニンレベルは60mumol/L(0.69mg/dL)(参考、男性では<または=50mumol/L、女性では<または=40mumol/L)。

結論:尿中ヨウ素濃度の上昇にもかかわらず、我々の被験者に原発性甲状腺機能低下症の記録はなかった。 他の設定(例えば、心臓カテーテル法)で長期ヨウ素曝露を受けた患者は、原発性甲状腺機能低下症のリスクがある可能性がありますが、我々の研究は、ルーティン 重要な交絡変数は、七人の患者がドーパミン塩酸塩注入を受けていたことであり、四つは、サンプル収集時にリン酸デキサメタゾンを受けていたことで 従って私達はこれらの薬物が第一次甲状腺機能低下症の状態で起こったであろうthyrotropinのレベルの上昇を覆ったという可能性を除外できません。 新生児甲状腺機能検査の結果の解釈への影響を議論した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。