○ 全国人民代表大会の副代表は、婚姻外に生まれた子供に無条件に戸籍を与えることを提案した
○現在の政策は、単一の女性が生殖補助技術へのアクセ

山西省出身の未婚の母親である趙ユエクさん(27)は、双子の息子と一緒に撮影した写真を持っています。 彼女はあらゆる年齢および状態の女性が確信し、美しいことができることを示すために2015年に美のコンテストに出席した。 Photo:VCG

2016年に中国南西部の四川省の首都である成都で娘を戸籍に入れるために苦労したことを、成子(仮名)に記憶を取り戻した。
「成都の湖口登録部の女性は頑固で、娘の父親を見つけるように私に頼むことを主張した。 私は最終的に私が人工授精によって私の娘を持っていたことを彼女に言わなければならなかった。 その後、彼女は私が精子を得た海外の精子バンクからの証明書を含む材料を手に私たちに尋ねた、”チェンは言った。
チェンさん(32)は、2016年に同性愛者のパートナーとロサンゼルスの精子バンクを通じて助けを求めた後、妊娠した。 この夫婦は同年10月に娘を迎えた。
チェンは、結婚しない、またはできないが、子供を望んでいる女性の増加の一つです。 しかし、現在の政策は、これらの女性が中国で生殖補助技術へのアクセスを得ることに制限を課しています。
進行中の2回の会議で、中国南部の広東省の黄希華(黄希華)全国人民代表大会副代表は、「婚姻外の出生を差別する」政策を廃止し、無条件に戸籍を与えるこ
黄は、現在の婚姻外出産に社会的維持費を課す政策と、生殖補助技術を求める独身女性の制限は、独身女性に出産権を奪われていると考えている。
黄氏の提案は、女性の思考や社会的価値観の変化により、しばらくの間論争の対象となっていることから、最近多くの注目と議論を集めている。
長い旅
チェンは、彼女の家族をなだめるために子供を持ちたいと言った。
「私の家族の中で唯一の子供として、私は両親から大きな圧力を受けていました。 私は子供を持つことは私の親が私のパートナーとの私の関係を受け入れることを容易にすることができると思った。 そしてもっと重要なことに、私は赤ちゃんを持つための完全な心理的および財政的準備をしていた”とChengはGlobal Timesに語った。
夫婦は人工授精を受けるための多くの方法を考えており、精子バンクに精子を寄付するために行った人々を”待ち伏せ”するという考えを楽しませていた。
中国の現行の規制では、関連部門は、中国の家族計画政策の要件を満たさない独身女性やカップルに生殖補助技術サービスを提供すべきではないと規定している。
「地下の精子提供者が何人かいたが、我々は彼らの安全性について懸念を持っていた。 より多くの情報を検索した後、私たちは最終的にサイパンに行くことにしました。 初めて、私たちは失敗し、その後、私たちはロサンゼルスに行き、私は最終的に妊娠した、”チェンは言いました。
「任務」全体の費用は約125,000元(couple18,600)で、この費用は夫婦にとって手頃な価格だった。 しかし、それは別の長い旅の始まりに過ぎませんでした-赤ちゃんをシングルマザーとして育てること。
妊娠検査のための病院の予約を取得し、子供のためのhukouを取得するには、父親の詳細が必要でした。
「もっと多くの問題を避けるために、私は病院に私がシングルマザーであることを伝えました。 しかし、海外の精子銀行から証明書を取得するように頼まれたので、戸籍を取得するのに時間がかかりました。 全体の手順は約2,000元の費用がかかり、”チェンは言いました。
「それほど面倒ではなかった」と鄭氏は述べ、2016年には、シングルマザーが子供のために湖口を取得するための手続きを促進するための全国的な議論が
中国の婚姻法によると、婚姻外に生まれた子供は、婚姻外に生まれた子供と同じ権利を享受しており、誰もそれらを害したり差別したりすることはで
しかし、現実には、法律はひどく施行されている。 “結婚法は、これらの子供の権利を保護する方法についての詳細を設定していませんでした。 その結果、多くの州では、湖口を取得することを許可しない、または両親の社会的維持費を請求するなど、これらの子供たちに対する差別的な規制があ
北京ニュースの報道によると、2016年から、北京は、両親が生物学的に関連していることを証明するためのDNA検査を受けている限り、婚姻外に生まれた子供たちが湖口に登録することを許可し始めた。
しかし、規制は中国の他の地域には及んでいない。
多くの専門家が、これらの権利を全国的に実施することを求めている。

更新された思考
多くのネチズンは、より多くの女性がより良い教育とより大きな経済的自立のために結婚を拒否しているため、非婚出産に関する現在の政策を更新すべきであると考えている。
例えば、北京で働いているAh Lan、28を取る。 彼女は精子提供者を求めるためにオンラインでビデオをリリースしました。
“夫を持つ代わりに、私は赤ちゃんを持ちたい。 すべての結婚は、一部の人々が言うように幸せではない、と人生はより多くの可能性を持っている、”ああ蘭は、グローバルタイムズに語りました。 彼女は、より多くの女性が出産する権利が結婚に縛られるべきではないことを認識し始めていると指摘した。
ア・ランに反響したチェンは、「私はフェミニストではなく、女性が結婚を拒否することを提唱しているわけではありません。 あなたが愛情のある関係を持ち、愛に満ちた家族の中で子供を育てることができれば、それは完璧です。 しかし、結婚はもはや女性のための唯一の選択肢ではありません。 私達はもはやそれが私達に保護を持って来ると期待しないし、私達がほしい子供を持って来ると期待しない。「
非婚出産に関する差別的政策を廃止することは女性に権利を与えると信じる人もいるが、この変更が伝統的な結婚の考え方に挑戦し、女性の権利
欧州連合統計局ユーロスタットの報告によると、フランスは世界で最も婚外出生の割合が高く、10人の子供のうち約6人が結婚外で生まれている。 同じ報告書によると、出生の50%以上がブルガリア、スロベニア、スウェーデン、デンマーク、ポルトガルの婚姻外で発生しています。 米国では、2018年の国連報告書によると、この数字は約40%です。
これに対し、Oecdの報告書によると、日本や韓国などのアジア諸国では、結婚外で生まれた子供の割合は2〜3%と低くなっている。 これまでのところ、多くの州で灰色の地域の状態のために中国の非婚出産の割合に関する公式統計はありませんが、彼はその数が5%以下であると推
「伝統的な価値観が依然として支配しているアジア諸国では、その割合は依然として非常に低く、多くの女性が婚姻外に赤ちゃんがいる場合は控えめ
しかし、これは変化している可能性があります。 ここ数十年の中国人の傾向を含む多くの要因が、結婚して年を取る傾向があり、現在では婚外子出産がより受け入れられています。
例えば上海では、男女の平均結婚年齢は2015年にそれぞれ30.3歳と28.4歳となり、2005年と比較して5歳と5.4歳増加した。
「中国人は後に結婚しており、近年結婚する人の数が減少しているので、より多くの赤ちゃんが婚姻外で生まれる可能性が高い」と彼はthe Global Timesに語った。
黄はまた、メディアに、自分で子供を育てることができ、喜んでいる女性には、出産し、社会福祉を享受する権利が与えられるべきであると語った。 彼らの子供の法的権利も保護されるべきです。
黄氏の提案は、ソーシャルメディアや学界から幅広い支持を得た。
“結婚外で生まれた子供は無実であり、湖口登録を含むすべての中国市民と平等な権利を享受すべきである”と彼は言った。
一部のネチズンは、この動きは、近年減少しており、人口統計家の間で警報を引き起こしている中国の出生数を増やすのにも役立つ可能性があると言
だが、中国とグローバル化のためのシンクタンクセンターの人口統計の研究者である黄文正氏は、これは彼らの擁護の背後にある目標でも動機でもな
「婚姻外で生まれた子どもの権利を確保することは、精子提供者などの代替手段を通じて子供を持ちたい独身女性の法的支援を与えるため、中国の しかし、これらの女性の割合は中国ではまだ小さく、中国の出生率を高めることはまずありません”と彼はグローバル-タイムズ紙に語った。
チェンにとって、国の出生率に貢献することは彼女の目的ではない。
“私は決して、私の娘を世界に連れて行くことを後悔することはありません。 彼女は私だけでなく、私の家族にとっても天使です”とチェンは言いました。
チェンは、いつか娘に生まれた話を伝え、これが彼女にもっと寛容な態度を与えることを期待していると述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。