福原平。png

福原平氏(ふくはらたいら)は、屋島平氏と並んで平家の二大勢力の一つであった日本の武士の氏族である。 福原の都にちなんで、1156年の保元の乱、1157年の平治の乱、1180年から1185年の源平の乱など、平清盛によって率いられた。 終戦後、残った平氏の諸侯は鎌倉の源頼朝に臣従し、家臣として仕えなければならなかった。

履歴

平清盛

平清盛は福原市出身の平家の当主であり、保元の乱では鎌倉源氏と同盟して1150年代に分家を主導した。 藤原摂政が失脚すると、清盛は日本初の武家政権を樹立し、平治2年(1159年)の平治の乱で源氏勢力を粉砕した。 その後、平氏は京都から自由に日本を支配し、治承4年(1180年)には1歳の孫の安徳の寵愛を受けて高倉天皇を廃位した。 源はまだ戦うためにすべてを持っていると感じ、五年間源平の戦いに従事しました。 平氏は最初の戦いの多くに勝利したが、1183年までに潮が回っており、1185年に京都が源頼朝に落ちたときに粉砕された。

家臣になることを余儀なくされた平義成は、日本で最も強力な一族となった源の名で土地を支配しました。 建久2年(1190年)の建久の乱では、後鳥羽天皇と源頼朝との間で旧敵に忠誠を尽くした。 しかし、木曽源氏が宣戦布告すると、頼朝は両氏の内乱を避けたいと考えていたため、平氏は放棄された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。