The BeginningsEdit

このクラブは、1966年にsalesianの司祭であるDon Gino Borgognoのイニシアチブの下で設立されました。クラブは1970年にセリエCに昇格し、1972年にセリエBに昇格した。同時に、アスティに拠点を置き、サクラがスポンサーを務めていたリベルタスは、1971年に第二ディビジョン、1972年に第一ディビジョンセリエAに進出した。しかし、サクラ-アスティはより大きなアリーナと市場に移動したいと考えていたが、1973年にトリノに移籍した。1974年のオフシーズンには、アスティ会長(カルロ-エルコール)、コーチ(ラヨス-トース)、選手、スポンサーが新たに形成されたセリエA2でプレーするAuxilium(現在のSaclà Torino)に移籍し、ほぼすべてのauxilium選手がセリエBでプレーするためにアスティに送られた。

セリエA Edit

セリエaでの最初のシーズンには、Auxilium(現在のサクラ-トリノ)に移籍した。1975年のオフシーズン、クラブはコーチとスポンサーを変更し、マティーニ&ロッシがチナマルティーニブランドのメインスポンサーとなった。チームは国内降格となったが、1976年のコラ-カップ決勝では24得点を挙げて準決勝でユベントス-シュヴェッペスを破ったが、決勝でユーゴスラビアのスーパーパワー-ユゴプラスティカ-スプリトに敗れた。トリノは1979年にセリエAに復帰し、1989年まで在籍し、1982年、1984年、1985年、1986年にプレーオフ準決勝に進出した。セリエA2で1シーズンを過ごした後、1990年にセリエAに復帰し、1993年まで在籍した。

MinorsEdit

クラブはセリエA2シーズンで降格圏外で快適に終わったが、クラブは財政的に苦戦し、1995年7月にリーグに負債を減らすためにセリエBでプレーするよう求め、その目的のために最高の選手を売却した。

そのレベルで数年プレーしたAuxiliumは、1998-99シーズンの終わりにセリエB2に降格し、その後Pallacanestro Cerea Collegnoと合併してセリエB1に昇格した。後者の組織の会長であるジョヴァンニ・ガローネがAuxiliumの会長になり、クラブの本拠地とホームアリーナはCollegnoに移転した。それどころか、1年以内にセリエB2からセリエCに降格したため、新しい組織はより多くの成功を収めていませんでした。2007年にトリノの歴史的クラブであるドン-ボスコ-クロチェッタとレアーレ-ソシエタ-ジナスティカが合併してトリノ-バスケットに合併されるまでこのレベルでプレーしていた。

PMSEdit

PMS Basketballは2009年にPallacanestro MoncalieriとLibertas Amici San Mauroの合併によって設立されました(PMSはPallacanestro Moncalieri San Mauroの頭字語です)。 2009-10シーズンはセリエBのディレッタンティでプレーし、昇格とリーグカップを獲得した。

2011年、トリノを拠点としパララッフィニでプレーするシニアチームは、ユース活動のためにPMSバスケットボール名を維持し、PMSトリノに名前を変更した。 1年後、元パラカネストロ・ビエラ会長のアントニオ・フォルニが創設者のパオロ・テルゾーロにクラブ共同会長として加わり、3年以内にトリノをセリエに復帰させたいと表明した。 2013年シーズン終了後に昇格プレーオフに進出したが、プレーオフで敗退した。

2018年からはパラヴェーラでホームゲームが行われた。

2014-15シーズンはアグリジェントを破ってセリエA昇格を果たした。その後すぐにフォルニは、クラブが閉鎖されたときにギャローネが元コーチのジョヴァンニ-アスティに与えたAuxiliumブランドを取得したことが発表され、クラブはCUS Torino(1946年に設立されたクラブ)との契約の下でユース部門を提供する別の法人としてAuxilium Cus Torinoと改名された。Pmsバスケットボール,その頭でテルゾーロと,モンカリエリでプレーするためにクラブから分離,セリエBよりも高いレベルで.

イタリアカップ優勝者編集

2018年のイタリアバスケットボールカップは、Auxilium Torinoが初めてプレイした。 準々決勝でウマナ・レイエ・ヴェネツィアを、準決勝でタン・ヴァノリ・クレモナを破った後、決勝戦でサーシャ・ヴジャチッチのレイアップでフィアット・トリノがゲルマーニ・バスケット・ブレシアに69-67で勝利し、クラブ初のイタリアカップとなった。 しかし、マーカス-ランドリーとルカ-ビタリはそれぞれダウンタウンから逃し、デロン-ワシントンはルーズボールを拾い、ヴヤチッチが勝利したレイアップで終了した。 ディアンテ-ギャレットが16得点、ノーベル-バングー-コロ、ヴァンダー-ブルーが11得点、ワシントンが10得点を記録した。 ランドリーは22得点9リバウンド、ミケーレ-ビターリは14得点を記録した。

解散編集

2019年5月10日、連邦理事会は金融上の不正によりトリノから8ポイントを差し引いた。 シーズン終了後にセリエA2に降格した。 2019年6月28日、クラブは破産宣告を受けた。 バスケット-トリノでは、市内から新しいプロクラブが設立されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。