段階的な変化の理論

一部の古生物学者が保持している伝統的な見解は、種が徐々に後続の種に変換される可能性がある このような進化的順序の連続した種は、chronospeciesと呼ばれています。 Chronospecies間の境界はあらゆる客観的な解剖学か機能規準によって定めてほとんど不可能である;従って、残っているすべては境界を時の時に引くことの当て推量である。 このような時系列の境界は、h.erectusの最後の生存者と後続の種(例えば、Homo sapiens)の最も初期のメンバーとの間に任意に描かれなければならないかもしれない。 Chronospeciesの限界を定義する問題は、H.erectusに特有のものではなく、古生物学において最も厄介な問題の一つです。

連続した形態間の連続性を伴うこのような緩やかな変化は、特に北アフリカで仮定されており、Tighenifのh.erectusはRabat、Temara、Jebel Irhoudなどの後の集団の祖先と見られている。 東南アジアでは、Sangiranのh.erectusがNgandong(ソロ)やKow Swamp(オーストラリア)のような個体群に向かって進化している可能性があると仮定されている。 一部の研究者は、同様の開発が世界の他の地域で発生した可能性があることを示唆しています。

文化的成果と歯、顎、脳の形状と大きさの想定される相互関係は、一部の古人類学者が同意しない理論化された状況です。 人間の化石記録を通して、一方では頭蓋骨の形と大きさとの間の解離の例があり、他方では文化的成果がある。 例えば、より小さな脳のh.erectusは火を飼いならす最初の人間の中にいたかもしれませんが、後の世界の他の地域のはるかに大きな脳の人々は、彼らがそれ 漸進主義は、いわゆる”多地域”仮説(人間の進化を参照)の中核にあり、H.erectusはHの各亜種として一度ではなく数回ホモ-サピエンスに進化したと理論化されている。 erectusは、独自の領土に住んでいて、いくつかの仮定された臨界閾値を通過しました。 この理論は、想定されているerectus-sapiens閾値を正しいものとして受け入れることに依存する。 これは、進化の変化の現代の遺伝的理論との相違で閾値の概念を見つける”アフリカの外”仮説の支持者によって反対されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。