Jean-Jacques RousseauとJohn Lockeはそれぞれ、国家の起源を探求し、その本質的な目的と正当性の源泉を求めています。 彼らの質問は、財産の問題、特に財産が状態を進行させるかどうかに分かれています。 ロックにとっては、財産権は自然法の要素として国家よりも前に生じるのに対し、ルソーにとっては、社会契約は財産権の創造と正当性のために必要な前提条件である。 この微妙な区別は、ルソーの一般的な意志のビジョンとロックの最高権力の見解の顕著な違いに転移します。 国家の本質的な目的は、市民の平等を促進するルソーの契約と自然の不平等を維持するロッキアンのコンパクトである。

ロックは、私有財産が国家に先行すると主張している;正当な所有権は契約によって作成されるのではなく、自然の権利から派生している。 ロックのために、プロパティの起源は、彼らの物理的な体の上に自分の否定できない所有権にトレースすることができます: “すべての人は自分の人の中に財産を持っています”(第二の論文、Ch。 V、287)。 ボディ上のこの元の所有権から、ロックプロパティの理解が展開されます。 労働、”手の仕事”を構成する物理的な行動は、人間が正当な所有権を主張することができる唯一のもの、彼の肉体を、すべてに共通する生の天然素材と混 V、288)。 この努力は、彼の労働の目的を”それを置いた共通の状態の性質”から取り除き、それを彼自身のものとして併合し、他の男性からそれを除外する(第二の論文、Ch。 V、288)。 彼の労働をいくつかの共通の資源と混合することによって、人間は明確に彼のものである何かをその中に”修正”し、したがって”それを彼の財産にする”(Second Treatise、Ch。 V、288)。 特に、この変換は、「いかなる身体の譲渡または同意」なしに起こる(第二の論文、Ch. V、289)。 ロックの財産権の概念は、人間が自分の体の上に議論の余地のない所有権を持っているという公理的信念に直接依存しています。 彼が完全な所有権を持っているこの唯一の目的を行使することによって、人は彼の外部にあり、すべてに共通する他の資源に同じ所有権の種を植 彼はそれらの中に自分自身の一部を添付し、したがって正当に彼自身としてそれらを主張することができます。 ロックのために、理由自体がこの権利を立証し、肯定するので、私有財産の創造には労働協約は必要ありません。 労働はその正当性を財産に与えます。

一方、ルソーは、私有の機関には自然なものは何も見当たりません。 プロパティは、契約の前に存在することはできません権利です。 それは理性や自然法の産物ではなく、むしろ自分の利益のためにいくつかの野心的な男性によって行われた”人間の心に入った最も考え抜かれたプ ルソーにとっての財産は、国家が認可し、それによって”取消不能な権利”に変換された”巧みな簒奪”に与えられた名前に過ぎない(Second Discourse、Part II、79)。 ルソーは、土地の栽培から分割、労働、所有権の外観を付与するまで、財産のアイデアが現れるおなじみのプロセスをスケッチしていますが、彼はこの権利に真の正当性のいかなる方法も付与することを控えています。 ルソーは、単なる所有行為を道徳的権利から分割します。 自然の状態では、それぞれが自分達の保有物を物理的に支配すると主張することができますが、まだ収用の絶え間ない亡霊を考えると、この形式の所有権は希薄です。 彼らが自分の財産を管理しているという経験的事実を述べることができますが、これらの根拠は不十分です。 所有権は「不安定で虐待的な権利」と非難され、ブルートフォースへのアピールを超えた正当性を欠いていると非難されている(第二の談話、第二部、78)。 自然の状態での財産への権利は、力だけで得られるので、それは正当に取って代わられ、より大きな力によって充当される可能性があります。 継続的な所有と相まって個々の労働は、財産のアイデアの説明を提供しますが、任意の権利は暗黙のうちに強さによって維持されました。

ロックにとって、財産は労働協約を進める自然な権利です; したがって、状態の作成は後で行われます。 ルソーはこの見解を拒否し、財産の創造を”慣習と人間の制度”に帰しているので、必然的に社会の形成に続く(第二の談話、第二部、84)。 シーケンスのこの微妙な違いは、市民国家の正当な役割についての各哲学者の概念を劇的に変えます。 新しい状態が形成されるプロセスの輪郭は驚くほど似ていますが、状態の本質的な目的は異なっています。 ロックは国家によって確保された権利を想定しています。

ロックは”財産の保全は政府の終わりである”と見ており、その目標は男性が一緒に参加して社会に入る原動力を提供する(Second Treatise,Ch. 360)。 ロックにとって、合法的な財産が国家の前に存在することは「明らか」であるが、「それの楽しみは非常に不確実である」(第二論文、Ch。 IX、350)。 だから、ロックのアカウントでは、人間は新しい権利の創造ではなく、既存の権利の保存のために社会に参加します。 財産権は自然法に由来するため、先天的で譲渡不可能なものであるため、州の収用能力を縮小しなければならない。 ロックは、主権の限界を列挙するときに財産の保護を強調している:”Supreamパワーは、彼の同意なしに彼の財産の任意の部分を誰からも取ることができない”(Second Treatise、Ch。 360)。 この議論に与えられた卓越性は、男性が少なくとも最初の契約で約束された保有物に対する安全性を得ることなく、社会が課す制限に自分自身を しかし、財産が神聖であれば、自然の不平等から生じる違い—”産業の程度が異なる割合で男性に財産を与える傾向があった”—は、国家によって正当化される(第二の論文、Ch。 V、301)。

ルソーは、”社会が支配されるべきであることは……共通の利益に完全に基づいている”と考えている(Social Contract,Book II,Ch. I、170)。 主権者は、言い換えれば、平等を支持する一般的な意志に従って支配すべきである。 一般的な意志は、すべての個々の意志を合計し、任意の特定の違いをキャンセルすることによって確認することができます。 「私的意志は、他の人ではなく、ある人に利益を与える傾向がありますが、…一般的な意志は平等に向かって傾向があります」とは、個人の視点を優先することを拒否しているためです(Social Contract,Book II,Ch. I、170)。 ルソーにとって、コミュニティのニーズは常に個人の好みよりも高くなっています。 例えば、”自分の土地に対するach個人の権利は、常にすべてに対するコミュニティの権利に従属している”(社会契約、Book I、Ch。 、169)。 ルソーは、財産は集団の権限からのみその地位を得ていると考えているので、集団はこれらの権利をどのように配分すべきかを決定する権限を与 社会は、「全体に最も適した方法で各部分を移動し、配置する普遍的な強制力」で行動する(Social Contract,Book II,Ch. IV、173)。 社会契約の目的は、財産を保護することではなく、不平等な現実の基材に新しい平等を作り出すことです。 社会契約は、「いかなる物理的不平等の性質が男性に課すことができたかもしれないもののために、道徳的かつ正当な平等を置き換える」(Social Contract,Book I,Ch. 、169)。 男性は社会によって平等にされています;彼らはすべて何かを持っており、それらのどれもがあまりにも多くを持っていない限り、状態は男性に有利

ざっと読むと、LockeとRousseauによって提案されたそれぞれの社会は構造が非常に似ているように見え、両者の間に多くの相同性を見つけることができます。 しかし、本質的な役割では、彼らはより多くの違いはありませんでした。 ロックにとって、男性は既存の権利を保護するという単純な目的のために社会に収束する。 これらの権利の源泉は州の(そしてそれ以前の)範囲外であるため、政府はそれらによって制限されており、男性が上訴できるより高い権限がある。 対照的に、一般的な意志の力に制限はありません:”社会契約は…そのメンバーのすべての絶対的な力を与える”(社会契約、ブックII、Ch。 IV、173)。 すべての権利はコミュニティによって構築され、その中から来ています。 ルソーの権利は社会的創造物であるため、彼は新しい市民の平等を達成するために社会に根本的に変容する力を与えて喜んでいます。 ロックにとって、既存の権利の保存は、事実上、自然の不平等を維持する最も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。